マガジンのカバー画像

悠々の子育て回想録

10
教育・子育て欄の担当記者を15年以上経験。もはや子育て期は“懐かしい”と感じる世代です。いま思うことを時代の変化も交えつつ、子育て期間に自分が読んだ本を軸にして書いてみます。
運営しているクリエイター

記事一覧

絵本がなければ電話帳でもいい!?――親子の楽しさこそ愛情そのもの

絵本ほど、多様性を体現した本はないと思います。幼児向けには仕掛け絵本もあり、本としての形…

時々立ち止まって確認するのは、自分の心が付いてきているか

 ちょっとお休みしていました。その間、実家で1人暮らしだった父が亡くなったのです。葬儀を…

親として“優等生”になる必要はない。詩「祝婚歌」のようなゆるやかさでいこう!

能登半島地震のニュース映像を見ながら、数年前に訪れた輪島朝市通りの人々の顔が思い出されま…

『星の王子さま』――子どもの気持ちを想像し、心の中で“見える化”してみる

児童文学というジャンルを超えて、世界的に読み継がれている名作といえば、多くの人が間違いな…

『モモ』と“時間の感じ方”。思えば、忙しいときに限って大泣きされた!

「神話的時間」からの“時間”つながりで、ミヒャエル・エンデの『モモ』(岩波少年文庫)につ…

ワクワク感と好奇心に満ちた“ワンダーハート”で

 子育て期は、親の一生という長い目で見ると、人間としても大人の入り口あたりにいる感じなの…

男の文化の未成熟という大切な視点

子育てと聞いて、私が真っ先に思い出し、今でも大事にしている本は鶴見俊輔著『神話的時間』(熊本子どもの本研究会)です。 まずタイトルにもなっている「神話的時間」について説明しましょう。かつて、教育欄あてに読者からこんな投稿がありました。   ある晴れた休日のこと。布団を干すことにしました。午後には太陽の光を浴びて、心持ちふっくらした布団を取り込みます。それを見ていた子どもが、近づいてきて、取り込んだばかりの布団の上に飛び込んできます。布団に顔を埋めて一言。「このおふとん、お日

立ち会い出産後に待っていたこと

次男のときは、待望の立ち会い出産をしました。なので、産院にもよく足を運んだのだと思います…

ケースバイケースで絶対的な正解はない

私は、石坂啓さんという漫画家が好きで、アイヌの女性を主人公にした『ハルコロ』(岩波現代文…

十月十日のハンデを克服するための胎教?

30年ほど前、行政が行う両親学級という集まりに参加しました。いまとは事情がだいぶ違うかも…