聖教新聞公式note __子育て会議

「言葉と、生きていく。」聖教新聞社として、子育てに特化したnoteを開設してみました!…

聖教新聞公式note __子育て会議

「言葉と、生きていく。」聖教新聞社として、子育てに特化したnoteを開設してみました! 日常の「子育てあるある」を、来てくれた皆さんとシェアしながら、ちょっとホッとできる場所をつくっていきたいです。

マガジン

  • すなっちのコラム

    娘と息子の育児まっただ中です。子育ては大変なこともあるけれど、全てを笑い飛ばしながら、進んでいきたい。

  • うつ妻との育児日記(みやもん担当)

    産後クライシスをいかに乗り越えてきたのかーー。2児の父がパートナーと語り合いながら、振り返ります。

  • 悠々の子育て回想録

    教育・子育て欄の担当記者を15年以上経験。もはや子育て期は“懐かしい”と感じる世代です。いま思うことを時代の変化も交えつつ、子育て期間に自分が読んだ本を軸にして書いてみます。

  • 音声の部屋

    記者たちによる子育て”井戸端会議”。音声でお送りしております。

  • 仕事・育児の両立奮闘記(スラウェシ担当)

    一児の父の育児生活を記していきます。特にパパさんたちのお役に立てたらうれしいです!

記事一覧

「あっという間に育つ」と言われたけど…子どもとの時間が”長すぎ、精神的にもたない”と感じたら考えたい、”相談先”のこと

仕事を終えて社を出てからまもなく、先に帰宅していた長女から携帯電話に着信がありました。 「もしもし、どした?」 「パパ早く帰ってきてね」 長女は小学2年になり、…

「教育欄」担当記者のおしゃべり回! テーマは「子育ての”いま”を楽しむ」「子どもの人間関係」など

聖教新聞で「教育欄」(毎週木曜掲載)を担当している記者3人に、今年1年の取材を振り返りながら、子育て・教育について縦横無尽に語り合ってもらいました! どうぞ、〝…

『星の王子さま』――子どもの気持ちを想像し、心の中で“見える化”してみる

児童文学というジャンルを超えて、世界的に読み継がれている名作といえば、多くの人が間違いなく、サン=テグジュペリの『星の王子さま』をあげるでしょう。日本では大手出…

「名ばかり夫」にならないための〝21日間〟闘争

突然、理科の先生が… 【インキュベートの法則】をご存知ですか? 私は中学3年の時、理科の先生(女性)の話をきっかけに、この法則を意識して生活するようになりました。…

『モモ』と“時間の感じ方”。思えば、忙しいときに限って大泣きされた!

「神話的時間」からの“時間”つながりで、ミヒャエル・エンデの『モモ』(岩波少年文庫)について書いてみます。世界的に支持された作品ですが、日本での人気は高く、発行…

公式アカウント「子育て会議」を開設してみて感じたこと

「聖教新聞公式note__子育て会議」を開設したところ、「こういうの待ってました」「わかる、わかるとうなずきながら読みました」など、さまざまな声が寄せられました。本当…

「あっという間に育つ」と言われたけど…子どもとの時間が”長すぎ、精神的にもたない”と感じたら考えたい、”相談先”のこと

「あっという間に育つ」と言われたけど…子どもとの時間が”長すぎ、精神的にもたない”と感じたら考えたい、”相談先”のこと

仕事を終えて社を出てからまもなく、先に帰宅していた長女から携帯電話に着信がありました。

「もしもし、どした?」
「パパ早く帰ってきてね」

長女は小学2年になり、語彙力・読解力が増したせいか、こちらの話に納得できないと、
「パパ、前はこう言っていたのに、今回はちがうよね。それっておかしくない」と鋭く矛盾点をついてきます。

“成長したなあ”と感心しつつ、可愛げがなくなってきた感もあります(笑)。

もっとみる
「教育欄」担当記者のおしゃべり回! テーマは「子育ての”いま”を楽しむ」「子どもの人間関係」など

「教育欄」担当記者のおしゃべり回! テーマは「子育ての”いま”を楽しむ」「子どもの人間関係」など

聖教新聞で「教育欄」(毎週木曜掲載)を担当している記者3人に、今年1年の取材を振り返りながら、子育て・教育について縦横無尽に語り合ってもらいました!

どうぞ、〝ながら聞き〟でお楽しみください!
(↓をタップしてください)

トークで扱った該当記事は以下の通り。下線部分をタップすると、“1カ月間無料”で読めます(2024年1月28日まで)↓↓

「怒っちゃダメだ」から「怒らなくても大丈夫」に

もっとみる
『星の王子さま』――子どもの気持ちを想像し、心の中で“見える化”してみる

『星の王子さま』――子どもの気持ちを想像し、心の中で“見える化”してみる

児童文学というジャンルを超えて、世界的に読み継がれている名作といえば、多くの人が間違いなく、サン=テグジュペリの『星の王子さま』をあげるでしょう。日本では大手出版社が競うように文庫を出版していて、検索してみると、どれを選べばいいか、悩んでしまうような状況です。

読んだことがある人も多いと思いますが、冒頭にこんな一文があります。

本当にその通りで、自分も「はじめはみんな子どもだった」ことを思

もっとみる
「名ばかり夫」にならないための〝21日間〟闘争

「名ばかり夫」にならないための〝21日間〟闘争

突然、理科の先生が…

【インキュベートの法則】をご存知ですか?
私は中学3年の時、理科の先生(女性)の話をきっかけに、この法則を意識して生活するようになりました。

先生は授業中、急に話題を変えて、次のように語り始めました。
(※ちなみに、先生の口調は、ピクサーの「モンスターズ・インク」に登場するロズというキャラクターに激似でした。分かる方は、以下、想像しながら読んでみてください)

「学力でも

もっとみる
『モモ』と“時間の感じ方”。思えば、忙しいときに限って大泣きされた!

『モモ』と“時間の感じ方”。思えば、忙しいときに限って大泣きされた!

「神話的時間」からの“時間”つながりで、ミヒャエル・エンデの『モモ』(岩波少年文庫)について書いてみます。世界的に支持された作品ですが、日本での人気は高く、発行部数は作者・エンデの母国ドイツに次ぐ数字だそうです。いまも多くのファンがいると思いますが、児童文学の名作といえますね。子どもが幼児期の頃、手にとった一冊です。

岩波少年文庫になってからは表紙から副題がなくなりましたが、単行本には「時間どろ

もっとみる
公式アカウント「子育て会議」を開設してみて感じたこと

公式アカウント「子育て会議」を開設してみて感じたこと

「聖教新聞公式note__子育て会議」を開設したところ、「こういうの待ってました」「わかる、わかるとうなずきながら読みました」など、さまざまな声が寄せられました。本当にうれしいです、ありがとうございます! いただいたお声は、今後の運営にも生かしていければなと思います。

さて、ここでは、「聖教新聞公式note __子育て会議」を開設してみて感じた、記者たちの思いを音声でお届けします。どうぞ、〝なが

もっとみる